金庫を長く使いたいなら定期的なメンテナンスを!

朝から両親が喧嘩をしていた。どこもそうかもしれないけれど、うちも多分に漏れずよくある出来事だし、ZIPのもこみちのコーナーを真剣に見ていたのであまり喧嘩の内容は聞いていなかった。さてそろそろ仕事に出かけようかと歯磨きをしながら家の中をブラブラしていると、母が金庫の前で何やらブツブツ文句を言っていた。父はすでに会社に出かけてしまったようである。「どうしたの?」と声をかけると、母は愚痴を言える相手を見つけてよほど嬉しかったのか、まくし立てるようにして事の顛末を話し始めた。要約すると、母が金庫を開けようとしたのだが、鍵を入れて回しても金庫が開かなかった。もうそろそろ寿命かしらね、と父に言うと、金庫に寿命なんかあるかと一蹴された上、お前の扱い方が悪いんじゃないかと逆にダメ出しをされたんだそう。その言い方に腹を立てて口論になっていたらしい。両親の喧嘩の原因を聞かされて、毎回のように「くだらねー」と思ってしまうのも、どこの家でも同じことなのだろうか。

確かに金庫って何百年も使えそうなイメージだけど、放置してしまって大丈夫なものなんだろうか。出勤までまだ少し時間があったので、ちょっとスマホで調べてあげることにした。すると驚いたことに、金庫ってやっぱり寿命があるそうだ。それを伝えると、母は「ほら!」とどや顔で言った。「あー、お父さんに教えてあげたいわー」と本気で悔しがる母を見て、父が会社に行ってくれていてよかったと心から思った。さらに、金庫って放置しても平気そうなイメージだったけれど、金庫を長く使いたいなら定期的なメンテナンスが必要らしい。鍵穴には埃が溜まりやすいため、掃除機で埃を吸ってあげるとか、鍵を歯ブラシで掃除してあげるとかしてあげないといけないそうだ。「これもお父さんに教えてあげたい?」と聞くと、母は「あんたはほんとにお父さんにそっくりねー」と嫌味を言われてしまったのだった。k_039