夫婦喧嘩の後、金庫の暗証番号を変えられて・・・

k_021先日つまらないことが発端で、妻と珍しく夫婦喧嘩になってしまいました。そこから話が発展して、私が妻に相談もなくバイクのローンを組んだことなども槍玉に挙げられ大喧嘩。私は私の収入内で計算して購入しているのだからとやかく言われることではないし、どうせ相談したら反対するだけだろうという意見に対し、それでも数十万する物を買う時は相談するべきとお互い譲らず平行線。最終的には「そもそもお前は〜」「あなたは普段から〜」と関係ない日頃の鬱憤までぶつけることになり、口も利かずに別々の部屋で就寝しました。

そのまま数日過ごし、妻との会話は必要最低限ほど。なんだかギクシャクした感じで家にいても気が休まらず疲れていました。そこへ更なるパンチとして、金庫の暗証番号が変えられているという事態が。私の銀行の通帳が少々必要であったため取り出そうとしたら、暗証番号が違うとなって開けられないのです。最初は間違えているのかと思いましたが、何度確認しても合っているはず。そこで「喧嘩したから変えたのか!」となり、暗証番号を変えたかと聞くと「変えた」と。そこでまた私にスイッチが入り、なぜ勝手に変えるんだと激怒。妻はあなたも相談しなかったから私も相談しなかったと子供じみた返答。更に通帳や印鑑を持ち出して借金でもこさえられたら困るとまで言い出しました。

私が家計にダメージを与えるようなお金の使い方をしたのなら、私が悪いでしょう。家計にダメージがないとはいえ相談はするべきということであっても、こんな子供の仕返しみたいなこと、いい歳した大人がやることではありません。私も勝手に◯◯買ったとかならまだいいですけど、共有の重要物である金庫の暗証番号変更なんてやりすぎと、私は思っています。もうしばらく夫婦間で話をしてみようとは思いますが、ダメそうなら義両親とかに相談するしかなさそうですかね。